医療費 記録帳 エクスポートとインポート

医療費 記録帳 エクスポートとインポートについて、説明いたします。

ファイル形式

エクスポート時のファイルとインポート時のファイル形式はCSVです。

項目の並び順

  1. 年月日
  2. 文字 「医療費」
  3. 医療費 金額(数字のみ)
  4. 医療を受けた人の名前
  5. 続柄
  6. 病院・薬局などの名称
  7. 治療内容・医薬品など
  8. 通院費(数字のみ)
  9. 交通手段

エクスポート機能

エクスポート機能で出力したCSVファイルのサンプルを以下に記載いたします。

“2017-01-01″,”医療費”,”487″,”りん”,”長女”,”・・病院”,”インフルエンザ”,”248″,”バス”
“2017-01-02″,”医療費”,”587″,”ひろと”,”次男”,”▼▼歯科医院”,”インフルエンザ”,”258″,”バス”
“2017-01-04″,”医療費”,”787″,”ひな”,”妻”,”〇〇医院”,”インフルエンザ”,”278″,”バス”
“2017-01-05″,”医療費”,”887″,”りん”,”長女”,”・・病院”,”インフルエンザ”,”288″,”バス”

光熱費 メモ 記録帳 エクスポート機能とインポート機能につきまして

ファイル形式

ファイル形式はCSVです。

項目の並び順

項目の順番は左から以下のように並びます。

  1. 年月
  2. 電気代
  3. ガス代
  4. 水道代
  5. 電気 使用量
  6. ガス 使用量
  7. 水道 使用量

旧バージョン(使用量を記録できないバージョン)でエクスポートしたファイル(上記の項目1~4)をインポートできます。

上記の番号5,6,7については、バージョン2.3で追加いたしました。

エクスポート機能

エクスポートしたCSVファイルのサンプルを以下に記載いたします。

・アプリで入力した値のみの場合(インポート機能を不使用の場合)

“2016-01″,”0″,”5444″,”0″,”0″,”34″,”0”
“2016-02″,”5195″,”0″,”0″,”201″,”0″,”0”
“2016-02″,”0″,”7355″,”0″,”0″,”49″,”0”
“2016-02″,”0″,”0″,”4613″,”0″,”0″,”22”
“2016-03″,”5195″,”0″,”0″,”201″,”0″,”0”
“2016-03″,”0″,”6506″,”0″,”0″,”43″,”0”
“2016-04″,”5154″,”0″,”0″,”206″,”0″,”0”
“2016-04″,”0″,”4771″,”0″,”0″,”30″,”0”
“2016-04″,”0″,”0″,”4613″,”0″,”0″,”22”

“2016-01″,”0″,”5444″,”0″,”0″,”34”,”0″は、月日が2016-01、ガス代が54444、ガス使用量は34を表します。ガス以外は電気と水道は0で埋めています。

インポート機能

以下はインポート可能なサンプルです。

サンプルその1

“2016-01″,”0″,”5444″,”0″,”0″,”34″,”0”
“2016-02″,”5195″,”0″,”0″,”201″,”0″,”0”
“2016-02″,”0″,”7355″,”0″,”0″,”49″,”0”
“2016-02″,”0″,”0″,”4613″,”0″,”0″,”22”
“2016-03″,”5195″,”0″,”0″,”201″,”0″,”0”
“2016-03″,”0″,”6506″,”0″,”0″,”43″,”0”
“2016-04″,”5154″,”0″,”0″,”206″,”0″,”0”
“2016-04″,”0″,”4771″,”0″,”0″,”30″,”0”
“2016-04″,”0″,”0″,”4613″,”0″,”0″,”22”

サンプルその2

“2016-01″,”1111″,”2222″,”3333″,”444″,”555″,”666”
“2016-02″,”111″,”222″,”333″,”44″,”55″,”66”
“2016-03″,”11″,”22″,”33″,”4.5″,”5.5″,”6.6”

※使用量については、小数点の入力ができます。

サンプルその3

以下は年月と電気代、ガス代、水道代です。(使用量は無し)

2016-01,1111,2222,3333
2016-02,111,222,333
2016-03,11,22,33

※ダブルクォーテーション「”」無しの場合もインポートできます。

注意点

エクセルでファイル編集した場合、年月の表示が変わる場合があります。

年月が自動で変わった場合、以下のように、セルの書式設定で「ユーザ定義」で種類を「yyyy-mm」にします。

 

エクセルでCSVファイルを出力する場合は、エクスポートよりCSVを選択して保存します。

光熱費 メモ 記録帳 電気代 ガス代 水道代 使い方につきまして

光熱費 メモ 記録帳 電気代 ガス代 水道代 Android スマートフォンアプリ

光熱費メモ記録帳の使い方についてのページです。

当アプリは電気代、ガス代、水道代を記録するためのアプリです。円グラフ・線グラフ・棒グラフで光熱費を確認できます。
データのエクスポート機能があります。

電気代をメモする場合

1.「電気代」のボタンをタップしてください。
2.年月を選択します。
3.電気代を入力してOKをタップします。

1.「電気代」のボタンをタップしてください。
1.「電気代」のボタンをタップしてください。
2.年月を選択します。
2.年月を選択します。
3.電気代を入力してOKをタップします。
3.電気代を入力してOKをタップします。

ガス代をメモする場合

1.「ガス代」のボタンをタップしてください。
2.年月を選択します。
3.ガス代を入力してOKをタップします。

1.「ガス代」のボタンをタップしてください。
1.「ガス代」のボタンをタップしてください。
2.年月を選択します。
2.年月を選択します。
3.ガス代を入力してOKをタップします。
3.ガス代を入力してOKをタップします。

水道代をメモする場合

1.「水道代」のボタンをタップしてください。
2.年月を選択します。
3.水道代を入力してOKをタップします。

1.「水道代」のボタンをタップしてください。
1.「水道代」のボタンをタップしてください。
2.年月を選択します。
2.年月を選択します。
3.水道代を入力してOKをタップします。
3.水道代を入力してOKをタップします。

メモを削除する方法

メモした電気代、ガス代、水道代は、表をタップすることで削除することができます。

表の電気、ガス、水道をタップすると編集・削除の画面を表示します。
表の電気、ガス、水道をタップすると編集・削除の画面を表示できます。
電気代の場合の画面です。編集と削除のボタンがあります。
電気代の場合の画面です。編集と削除のボタンがあります。
ガス代の場合の画面です。編集と削除のボタンがあります。
ガス代の場合の画面です。編集と削除のボタンがあります。
水道代の場合の画面です。編集と削除のボタンがあります。
水道代の場合の画面です。編集と削除のボタンがあります。
削除ボタンをタップすると、削除のダイアログが表示されます。削除をタップすると削除を実行します。
削除ボタンをタップすると、削除のダイアログが表示されます。削除をタップすると削除を実行します。

円グラフ

円グラフについて、光熱費の「電気代、ガス代、水道代」の3つの割合を%で円グラフ化しています。

電気代は黄色、ガス代は赤、水道代は青です。
電気代は黄色、ガス代は赤、水道代は青です。

線グラフ

線グラフについて、各月の金額の線グラフと各月の使用量の線グラフを確認することができます。左上にある「電気/ガス/水道」という文字をタップすると、前年の線グラフを同時に確認できます。

棒グラフ

棒グラフについて、各月の金額の棒グラフと各月の使用量の棒グラフを確認することができます。

グラフの非表示設定機能

オプションメニューの「グラフの設定」をタップして頂くと、グラフの非表示を設定が可能です。「グラフの設定」にて各グラフの表示ON/OFFをスイッチで設定できます。

グラフの設定をタップすると新たに画面を表示します。
グラフの設定をタップすると新たに画面を表示します。
スイッチをOFFにすると非表示になります。
スイッチをOFFにすると非表示になります。

インポートとエクスポート

オプションメニューのインポート機能をタップして頂くとデータのインポートが可能です。エクスポート機能とタップして頂くとデータをエクスポートすることができます。

 

インポートのファイルについて、説明とサンプルを以下のページに記載いたしました。

光熱費 メモ 記録帳 エクスポート機能とインポート機能につきまして

 

光熱費メモ記録帳インストール(Google Play)

以下からGoogle Playを開いて頂くとインストールが可能です。

光熱費 メモ 記録帳 電気代 ガス代 水道代 Android スマートフォンアプリ